悩んでいる人も多い男性型脱毛症の植毛にはさまざまな方法がある

サイトマップ

hair transplantation

自毛植毛による頭皮への定着率

自毛植毛の定着率は一般的に95%とされていますが、頭皮環境が悪いと植毛の定着率が下がります。
なので、普段から男性型脱毛症にならないように頭皮環境を整えることが重要となります。
頭皮への直接ケアとして保湿や血行促進の他にも、生活習慣や食事生活の改善も頭皮環境を整えるのに大切となります。
自毛植毛において、ドナーの採取方法が異なる上に、自毛植毛は頭皮への定着率が高いとされます。
ちなみに、ドナーの採取方法はロボットの手で行われるのでARTUS植毛と、医師の手で行うFUE法とストリップ法があります。
そのため、実際に自毛植毛を受ける際は、医師にしっかり相談しつつ施術内容を確認するのがポイントとなります。
なぜなら、施術内容が異なるので施術にかかる費用も異なるので、事前に相談することで予想外の出費を抑えることができるからです。
また、自毛植毛について興味がある場合は、無料カウンセリングを受けるのがお勧めされています。
自毛植毛は、日常生活において頭皮のケアを怠らなければ、植毛による頭皮への定着率が下がるのを防ぐことができます。
また、男性型脱毛症を改善できる自毛植毛は、AGA治療薬による治療を継続しないと、自毛植毛だけでは男性型脱毛症を完治することができません。
自毛植毛による定着率は、一般的に95%なので頭皮の環境が悪いと、植毛しても髪の移植がまともにできない状態となります。

Contents

ストリップ法による自毛植毛について

人の手で行う自毛植毛であるストリップ法は、FUT法とも呼ばれています。ストリップ法は同じ人の手で行うFUE法と違ってメスを用いるので、FUE法より頭皮に傷跡が残ることになります…

自毛植毛の注意点に関して

自毛植毛を受ける際は、ドナー部となる後頭部を刈り上げる必要があります。なぜなら、ドナー採取する時に髪が邪魔になるので、後頭部の髪を刈り上げることで、正確に髪の毛を採取することが…

AGA治療薬を続ける必要がある自毛植毛

男性型脱毛症であるAGAの治療法となる自毛植毛は、男性型脱毛症の進行を抑える治療を続ける必要があります。なぜなら、自毛植毛を受けても男性型脱毛症の治療を受けていないと、植毛して…

自毛植毛による頭皮への定着率

自毛植毛の定着率は一般的に95%とされていますが、頭皮環境が悪いと植毛の定着率が下がります。なので、普段から男性型脱毛症にならないように頭皮環境を整えることが重要となります。…

TOPへ