悩んでいる人も多い男性型脱毛症の植毛にはさまざまな方法がある

サイトマップ

hair transplantation

自毛植毛の注意点に関して

自毛植毛を受ける際は、ドナー部となる後頭部を刈り上げる必要があります。
なぜなら、ドナー採取する時に髪が邪魔になるので、後頭部の髪を刈り上げることで、正確に髪の毛を採取することができるからです。
なので、自毛植毛を受けるには帽子やウィッグで一時的に隠すことになります。
髪の毛が長い人は、ツーブロックにすれば目立たなくなりますが、ルネッサンスクリニックではARTAS用のウィッグが用意されています。
また、ARTUS植毛とFUE法はメスを用いませんが、ストリップ法ではメスで頭皮を切開します。
そのため、ストリップ法だと術後に頭皮に痛みが伴う他に、傷跡と痛みが回復するまでのダウンタイムが存在します。
さらに、メスで頭皮を帯状に切除してドナー採取を行うストリップ法は、頭皮を大きく切開するので切開した部分が大きくなります。
なので、ストリップ法で植毛してもらうと、日常生活に影響を及ぼす頭皮の赤みや腫れが完全に引くまで、ダウンタイムが必要となります。
ちなみに、ARTUS植毛とFUE法はドナー採取に切開を行わないので、ドナー採取した跡でも傷跡が小さく、頭皮に与える痛みも少ないです。
自毛植毛はメスを用いるストリップ法だと、頭皮を切開するのでドナーの品質が不安定になる上に、傷跡と痛みに悩まされる植毛となります。

Contents

ストリップ法による自毛植毛について

人の手で行う自毛植毛であるストリップ法は、FUT法とも呼ばれています。ストリップ法は同じ人の手で行うFUE法と違ってメスを用いるので、FUE法より頭皮に傷跡が残ることになります…

自毛植毛の注意点に関して

自毛植毛を受ける際は、ドナー部となる後頭部を刈り上げる必要があります。なぜなら、ドナー採取する時に髪が邪魔になるので、後頭部の髪を刈り上げることで、正確に髪の毛を採取することが…

AGA治療薬を続ける必要がある自毛植毛

男性型脱毛症であるAGAの治療法となる自毛植毛は、男性型脱毛症の進行を抑える治療を続ける必要があります。なぜなら、自毛植毛を受けても男性型脱毛症の治療を受けていないと、植毛して…

自毛植毛による頭皮への定着率

自毛植毛の定着率は一般的に95%とされていますが、頭皮環境が悪いと植毛の定着率が下がります。なので、普段から男性型脱毛症にならないように頭皮環境を整えることが重要となります。…

TOPへ