悩んでいる人も多い男性型脱毛症の植毛にはさまざまな方法がある

サイトマップ

hair transplantation

自毛植毛による男性型脱毛症の治療について

男性型脱毛症は、進行型の脱毛症となるので治療を受けずにそのままにすると、毛根に潜む毛母細胞が死ぬことになります。そのため、治療薬を使っても髪が生える環境を改善することができないので、自毛植毛を受けることになります。自分の髪を移植する自毛植毛は、移植部分が浮かない上に仕上がりが自然に見えるので、植毛した後の髪型は不自然になることがありません。
ちなみに、自毛植毛で移植した髪は、永久的に生え続けるので自毛植毛を一度受けてしまえば、普通に生える髪と同じように扱えます。なので、いつも通りにシャンプーや頭皮ケアを行うだけで良いので、生活スタイルを変える必要がありません。また、自毛植毛は自分の後頭部から側頭部にかけて生える髪を使う植毛となるので、自毛植毛で植毛する髪は5aリダクターゼの影響を受けにくいです。
なぜなら、後頭部から側頭部にかけて生える髪は、男性型脱毛症の原因となる5aリダクターゼに関わりにくいからです。よって、自毛植毛で移植させる髪は後頭部か一部の側頭部から採取するしかありません。そのため、ドナーとして採取できる髪の数には制限があるので、自毛植毛で移植できる髪の量には限りが存在します。自毛植毛による男性型脱毛症の治療は、毛根をいかに傷つけずにドナー採取できるかが重要であり、課題にもなっています。

ARTUS植毛の特徴

自毛植毛は、機械で行うか人の手で行う方法に分かれています。機械で行う方法となるARTUS植毛は、最先端の植毛ロボットであるARTUSによって植毛されます。ロボットの手により、髪の角度や向き、密度や本数を正確に把握することで、ドナー採取部にムラを出さない上に良質なドナーを採取することができます。また、ARTUS植毛は切開しないので、傷跡が小さく済むだけでなく頭皮に与える痛みも殆どありません。その上、傷跡が治るのが早いので、傷跡が目立ちにくくなるのも早いです。
そして、ドナー採取した箇所はデジタル処理により、最適な間隔を算出してドナー採取するので、ムラが出ません。さらに、採取されるドナーの品質は、質の良い毛包を低い切断率で採取するので、良質な品質となります。ドナー採取は機械によって行われるので、ドナー採取にかかる時間は短時間で済みます。
そのため、植毛を受ける患者に長時間同じ体勢で待たせる必要がないので、患者の身体面の負担を少なくすることができます。また、ARTUS植毛にかかる費用は、機械で行われるので自毛植毛の中では安いです。
さらに、ARTUS植毛が機械で行われるため、医師の技術に左右されることがありません。自毛植毛の1つとなるARTUS植毛は、ロボットの手で行われるので、安い費用で植毛を受けることができます。

FUE法による自毛植毛

人の手で行われる自毛植毛の1つであるFUE法は、移植するドナーを毛穴毎に1つ1つ採取する方法になります。また、同じ人の手で行うストリップ法は頭皮を切開しますが、FUE法は頭皮を切開しません。そのため、FUE法はストリップ法と異なり頭皮を切開しない影響により、頭皮に残る傷跡が小さく済みます。
さらに、頭皮に与える痛みも少ないだけでなく、傷跡の治りが早いです。けれども、FUE法は人の手で行われるので、ドナーを採取する医師の腕によって採取した部分のムラの出方は左右されます。その影響により、ドナーの品質はドナーを採取する医師の技術と経験に大きく左右されます。その上、医師の手で行われることにより、植毛の際に手包周囲の必要となる組織まで切断してしまう可能性があります。
ちなみに、機械で行われる自毛植毛は、手包周囲の必要である組織を切断することはありません。また、人の手で行うFUE法は、ドナー採取にかかる時間が長いので、患者は同じ体勢を長時間保つことになります。なので、患者の拘束時間が長いため、患者の身体面の負担が大きい自毛植毛となります。
FUE法は、患者だけでなく医師にも負担が大きくかかる自毛植毛となるので、繊細な手作業が多い影響によって費用は高めとなっています。FUE法は人の手で行う自毛植毛となりますが、頭皮を切開しないので頭皮に与える痛みは少ないです。

Contents

ストリップ法による自毛植毛について

人の手で行う自毛植毛であるストリップ法は、FUT法とも呼ばれています。ストリップ法は同じ人の手で行うFUE法と違ってメスを用いるので、FUE法より頭皮に傷跡が残ることになります…

自毛植毛の注意点に関して

自毛植毛を受ける際は、ドナー部となる後頭部を刈り上げる必要があります。なぜなら、ドナー採取する時に髪が邪魔になるので、後頭部の髪を刈り上げることで、正確に髪の毛を採取することが…

AGA治療薬を続ける必要がある自毛植毛

男性型脱毛症であるAGAの治療法となる自毛植毛は、男性型脱毛症の進行を抑える治療を続ける必要があります。なぜなら、自毛植毛を受けても男性型脱毛症の治療を受けていないと、植毛して…

自毛植毛による頭皮への定着率

自毛植毛の定着率は一般的に95%とされていますが、頭皮環境が悪いと植毛の定着率が下がります。なので、普段から男性型脱毛症にならないように頭皮環境を整えることが重要となります。…

TOPへ